手術、その後4

日本では、遊離歯肉移植術とか結合組織移植術とか言う(違いがよくわかっていません)手術をして、1週間後に先生に初めて診察してもらいました。問題なしということで安心しました。下側の歯ぐき左右両方の治療が必要たので、手術は前方の歯ぐきを除く左右の側面2カ所なのですが、左側に白い斑点が出て来て、これは良いはずがないと診察はこわごわでした。先生によると、ドーナーの組織がわたしの薄い歯ぐきに穴が開いて少しはみ出てしまったそうです。ほっとしたと同時にゾッとしました。

手術中、歯ぐきの表面を丁寧に削っているようだったので、薄く皮をはいでドーナーの組織を上に載せたんだと思っていたのですが、実は歯ぐきを歯の根元からぱっかり分けて、ドーナーの組織を差し込んでまたもとにもどすような方式のようです。これを書きながらも気持ち悪くなるので、手術について詳しく知ったほうが良かったのか、知らないほうがよかったのか . . . 。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

私も去年抜歯した跡にインプラント手術が待っています。
歯科の先生からそろそろと言われています。3月の個展の
後に覚悟して手術します。嫌だなあ。

No title

インプラントは幸いまだ経験なしです。もしかしてドリルが行程の一部でしょうか。恐いです。でも治療がすめば本当の歯みたいになるんですよね。歯の治療に関しては、まな板の鯉になるしかない、この辛さですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。