ホームカミング

今日は、フットホールの試合の前後にある、ホームカミングのダンスの日です。男の子が誘ってくれて行けるので、有り難いことです。ドレスなんて持ってない娘ですから、急きょ買いにいきました。

高級百貨店のノードストロム(発祥地シアトル)で、もっとパーティーっぽくてぴったり体型に合ったのを見つけたのですが、何と300ドル以上だったので諦めました。次に行ったのがこれまた有名な百貨店(発祥地ニューヨーク)で100ドル以下で何年も着れそうなので(もしかして30年くらい?)写真のを買いました。後悔が少ない娘ですが2回も、「あの買わなかった服は良かったね」と言うので気に入ってみたいです。(買えなくてごめんね。)

が、やはり地味で、車で送りに行った主人の話では、皆さん超ミニをはいて、比較すると娘のドレスは尼僧服だと言っていました。アクセサリーとか、わたしもわからない人なので、紫のショールを買ってちょっと派手にしたつもりなんです。ビーズのついた紫色っぽいブレースレットも買ったのですが、どういうわけか写真を撮るときに娘は携帯電話を持っていて、後から気が付きました。

10:23homecoming
関連記事

コメント

非公開コメント

シックで素敵です。
30年体型変わらず着られたらいいですね(^^;。

それにしても子どもが大きくなるのって早いですよね。
嬉しいようなさびしいような…。

こんにちはー。お久しぶりです。
どっちかというと寂しいです。娘が出かけたあと、いっとき主人としんみりでした。
ドレスはぴったり体にそったデザインなので、30年は無理かも知れませんね(笑)。

我が家は男の子だけでしたから殺風景。
女の子はいいですね、華やかになります。

そんなに華やかな子じゃないけれども、1人だけだと母親としては女の子がいいですね。スポーツもしてくれるので、主人も取り残されないし。でも、やっぱり父親は男の子が欲しいかな。

シックな装いが、お嬢さんを大人っぽく見せています。
とても素敵ですよ。
子供の頃のモデルの写真を知っているので、何だか不思議な思いです。
よそのお子さんの成長は早いですね~

ありがとうございます!そうそう、自分の子供の成長は速いですが、人さまのは毎日見ていないせいか、一段と速いですね。