扇子

日本展みたいなのが毎年4月シアトルであって、「さくら祭り」と呼ばれています。工芸の展示があって、昔行ったとき扇子を作る職人さんが 日本から来ていました。水彩が用意してあって、絵を描くと扇子にしてくれるというので、当時3歳半くらいだった娘に絵を描かせました。

ささっと描いてほしかったのですが、小さい子にしては珍しく集中して長い間描いていました。わたしは他にも見たい工芸があるし、普段は忍耐強い親だと思っていたのですが、恥ずかしい事にその時はイライラして、速くしろと10秒ごとくらいに急かしました。後で考えると、娘が完全にわたしを無視して丁寧に絵を描いたのは驚きです。

その素晴らしい娘の作品を見ていただきたいところですが、どこにしまったのか不明です。sho3さんの扇子用の絵を掲示板で拝見してこの話を思い出したので、sho3さんの作品の1枚を載せて代わりにいたしましょう。

9:4goldfish_sho3


こんな情報を見つけました。さくら祭りに参加して、日本文化をシアトルで広めることに興味がおありでしたらどうぞ。

関連記事

コメント

非公開コメント

和美さん 探していらっしゃるお気持ちがきっとその扇子見つけさせてくれますよ。出てきますよ。

テェストの小さい引き出しとか もしかしたらお嬢さんの机の引き出しの奥に・・・。見つかること祈っています。

わー、ありがとうございます。mojiさんの思いが伝わって、出て来そうな気がしまs。

私の扇子も25年ぶりに又出て来ましたから。

すごいですね。わたしも、sho3さんの奥様のような有能な人がいてくれたら、出てくるんでしょうけれど。