ケーキ試食会

残念ながら写真がありません!娘が親戚の家に泊まるのにカメラを持って行ってしまいました。

ベトナム人の経営する食堂/ベーカリー(リンク)でケーキの試食会があるというので行きました。主人はベトナム風サンドイッチ(フランスに占領されていたお陰でフランスパンです)を食べましたが、わたしはお腹がすいてなかったのでケーキの試食だけ。

5種類どっと大きな長四角のケーキがテーブルに並んでいて(アメリカでは誕生日やスポーツシーズン最後のパーティーをチームがする時などに、この巨大なケーキが出て来ます)、小さく切ってあるのでそれを半分ずつ(もちろん一つ全部取っても良いのですが、ちょっと多すぎるので)取って食べました。お店の人がアンケート用紙をくれて、それぞれのケーキについての感想と、どのケーキが一番良かったかなどを書きました。

占領されていた間にフランス人から良く習わなかったのか、伝統的ベトナム風ケーキのせいなのか、それともこの人たちが下手なのか、日本のケーキの方が断然美味しいです。小さく切ったタロ芋が入ったケーキは紫色、ドリアンが入ったケーキは派手な黄色で、日本のケーキにない色彩です。とは言え、いろいろ比較して感想を書きながら食べたのは楽しかったです。

アンケート用紙に、誕生日などでどこのケーキを買うかという質問があったので、Safeway (I know, it's sad.) と書きました。遠くの高価な日本人の経営しているベーカリーに行かずに、娘が好きだからといって不味いアメリカのチョコレート・ケーキを、家の近くの Safeway というスーパーマーケットで買っているので、本当は人のケーキの質など批判できる立場ではないのです。
関連記事

コメント

非公開コメント

ケーキ

私は甘いものをよく食べる方ではないのですが、
時々狂ったように甘いものを食べたくなります。
そんなときアメリカのマーケットにあるひどく甘いケーキが
一気にそれを解消してくれます。
一種の荒療治でしょうか。

楽しく食べるなら日本の上品な甘さが良いですね。

先日わたしも無性に甘納豆が食べたくなりました。日本では食べてなかったので不思議です。アメリカのケーキは苦手で、さすがに代用にとは思いつかなかったです。しょっちゅう食べないのなら荒治療も大丈夫でしょう。(笑)