「ムッソリーニとお茶を」

最近、フランコ・ゼッフィレッリの「ロミオとジュリエット」を観たので、今回は彼の自伝的映画「ムッソリーニとお茶を」を見ました。どこまで事実に忠実なのかはわかりませんが、愛人の子供として母親なしで育った悲しい子供時代と、戦争に巻き込まれたイタリアに住むイギリス人女性たちの話です。ゼッフィレッリの自伝があったら読みたくなるような映画でした。

ムッソリーニとお茶を (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】 [DVD]ムッソリーニとお茶を (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】 [DVD]
(2008/07/10)
シェールジュディ・デンチ

商品詳細を見る
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。