11月の空と庭

いつものレニア山です。この秋初めての霜の写真ですが、雲も奇麗でした。屋根を白くしている霜は写真では見え難いです。今年は雪が降るのが早く、今日スノコルミのスキー場がオープンしたとニュースで聞きました。

庭の桜の木はすでに葉は落ちて、梨の木は1枚だけ黄色い葉っぱが残って、このところ2、3日頑張っています。題名は忘れましたが、国語の教科書に載っていた、O・ヘンリーの短編小説を思い出したりします。

11:14frost_sky

庭を2階の窓から見ると、まだバラが咲いています。秋が暖かかったせいで、もう1回咲こうとしたのですが、寒くなってしまって、そのまま凍り付いたように成長/老化が止まってしまったようです。左手のはナンテンの赤い実、その隣は赤いバラが咲いて散る直前のまま、右は薄いピンクのバラが半分咲いて半分つぼみのまま残っています。

11:14roses
関連記事

コメント

非公開コメント