鯵の南蛮漬け - Marinated Fish

お絵かきすずめさん提出の、第24回喫茶ギャラリー(リンク参照)の課題写真から描きました。赤や黄色のピーマンの鮮やかな色に惹かれて描き出しましたが、魚がなんだか哀れになってきて、下にあるつぶした絵に青があったので、やっぱり魚は青が似合うんではと思って背景を青にしました。生きた魚じゃないから自然な感じにはならず、変な絵になてしまいました。単に抽象化した魚として見てください。

食卓の魚の顔を見ると、母がよく「人間がどんなに残酷なことを魚にするのか魚が知ったら、どんなに驚くかね~。」なんて言っていたのを思い出します。それにしては、魚はしょっちゅう食べていたんですけれど。

昔は特に美味しい焼き魚に当たると、食べた後の骨に熱いお湯をかけて、塩と醤油をちょっと加えて味付けして、すすったりしていました。(何だか戦時中みたいですけれど、もっと後です。)すると母の「どんなに驚くかね~。」というのが出て来るわけです。

9:5three_fish
acrylic on paper 11 x 8 inches

I chose the photo to paint because of the vivid color of green and red julienned peppers the fish were marinated with. While I was painting, I started to feel sorry for the fish who were stuck in brown marinade with those alien vegetables.

The painting underneath had a lot of blue, and I felt blue suits the fish better than red and yellow. So I changed the background to blue and eliminated the vegetables.
関連記事

コメント

非公開コメント

お母様が話してらした言葉を聞いて、この絵を見直すと
お魚さん達の目が驚いているような、悲しいような
風情に見えてきます・・・(笑)
ブルーと白の色使いが美しいですね。

ミケ母さんに頂いた「日本美人」との言葉、なんだか嬉しくなりました。(^^)

わたしは、子供のとき見て育った日本猫がやはり好きなんです。みけ母さんは、とくに切れ長の目の日本美人を思わせます^^。

絵を褒めていただいて、ありがとうございます。絵を描いている間も、色々なことが頭に浮かびます。