WDEとは

WDEとは

教室ではないのですが、絵の好きな人たちが写真から絵を描く行事に加わっています。WDE と呼ばれていて、毎週16枚写真が提出されるので(当番があって毎週ちがう人が提出)、それを見て描きます。投稿した後で、他の人たちが感想を書きます。プロ、アマチュア、上手い人、下手な人、パステル、水彩とまちまちです。

普段と違うことをしようという、チャレンジ精神を奨励していてます。(ふだん油絵を描く人は、パステルを使うとか、新しい画材や画法を試すなど。)まずは2時間で途中でも投稿するという決まりがあり、2時間で絵になっている人と、途中の人もあって様々です。後で完成させたのを追加してもいいです。同じ写真から描いた絵でも、人によってずいぶん違ってくるし、おもしろくない写真だなと思っていても、才能がある人が書くと良い絵になっていて驚いたりします。(下手な人も堂々と投稿しているので気楽です。)常連がいて、どんな絵を描く人かもわかってきて、みんなでわいわいという感じです。

普通は個人で参加なので、他の人たちには個人的には会ったことがありません。おもしろいのは、アメリカだけでなく他の英語圏の人たちも参加していることです。カナダ人、イギリス人、オーストラリア人、ニュジーランド人などに加えて、中国などの外国にすんでいる、アメリカ人も参加しています。というわけで、もとになる写真も国際的です。

最近、題材になった写真の例
http://www.wetcanvas.com/forums/showthread.php?t=358991
http://www.wetcanvas.com/forums/showthread.php?t=358991
http://www.wetcanvas.com/forums/showthread.php?t=361824
http://www.wetcanvas.com/forums/showthread.php?t=363236
http://www.wetcanvas.com/forums/showthread.php?t=364528
関連記事

コメント

非公開コメント

WDEって

写真から絵を描くのが、WDEなんですね。わたしもスケッチと合わせて写真も撮ります。
高校の美術教師をしていた時、授業で、巨匠の模写とか写真模写、ずば抜けて上手い生徒、時々いました。
ところで、WDEってなんの略語でしょうか?

Weekend Drawing Event です。写真の提出は金曜日で、みんなで同時に描く(本来は週末)のですが、いそがしい人たちは後から参加します。

高校の先生をしてらっしゃったんでしたね。最近気がついたんですが、わたしは美術の先生に恵まれませんでした。模写なんかしてみたかったです。高校生くらいになると、才能とともに好きで日ごろ描いている人は、ますます上手くなっているでしょうね。

いいサークルですね

そうですね。高校時代は、熱中したものは、進歩しますよね。高校生時代、何か、技能を磨ければ、本当に幸せなことです。

WDEの語源で何だろうと思いましたら、ものすごく分かりやすい語源でした。(笑)

近頃日本では、「大人の塗り絵」と称して、ルノアールやゴッホなどの名画を模写出来る、システム塗り絵が、文房具展や画材展、ホームセンターに売っています(最初は、外国から入ってきたのかも知れません)。いいことですよね。

写真に写っているのがお母様と和美さんのようですね。
ところでブログの操作方法のことなんですが、和美さんはサムネイル画像のサイズを、初期状態よりも大きくしていますよね。やり方を教えていただけるとありがたいのですが。

親子三代の写真ですね。また機会があったら、いっしょに描きたいと思います。

大人の塗り絵は主人のために買おうかなと思って忘れていました。絵は下手なのですが、塗り絵が上手いんです。

管理者ページの左側の欄にある「環境設定の変更」に行って、出てくるページの上のほうにある「ブログの設定」をクリックします。出てくるページの一番下のほうに「ブログ管理の設定」という所があって、サムネイル設定の数字を変えることができます。

ありがとうございます

どうもありがとうございます。試してみます。