コマツグミ

普段、ロビン(Robinと) 呼ばれている、American Robin (学名Turdus migratorius)は、渡り鳥で、今頃になったら南かがら帰って来て春を知らせてくれます。頭と背中が灰色、胸がオレンジ色、目の回りに白いふち取りがあります。日本語ではコマツグミと言うようです。 

わたしは外に毎日出るとは限らないので、今年はいつごろから来ていたのか知りませんが、今年は2月11日、娘が朝学校に行く前、どんな気温かと思ってドアを開けたとき、懐かしい鳴き声に気がつきました。そのうちたくさん到来して、なわばりの主張か奥さん探しのためか、屋根などの高い所で鳴くので、窓をしめていても聞こえるようになります。

2:17robin_roof500
2月12日 朝方、屋根の上でさえずるロビン

鳥といえば、娘が小さい時はマンションの最上階に住んでいて、金属でできた暖炉用の煙突に近かったので、キツツキが煙突をつつくのがよく聞こえました。鳴き声も煙突から暖炉に響きます。

春になると、娘と「Mr. Woodpecker is back!」と言っていました。
関連記事

コメント

非公開コメント

少しずつですが春めいてきましたね。こちらも水曜日ぐらいから気温が上がるそうです。お嬢さんの絵を少し大きくして描いてみましたが、残念ながらあどけなさが出ませんでした。次回また頑張ります。

拝見しました!描いていただいてありがとうございます。子供の顔は難しいですね。

こちらは寒いですが、日射しはやはり春です。