シアトル・シンフォニー

家族と主人の母、娘の友達、計5人でコンサートを聞きに行きました。シアトル・シンフォニーのゲスト・コンダクターは鈴木雅明氏。
http://www.bach.co.jp/japanese_page_top.htm

指揮者、オルガンとハーブシコードの演奏家として華々しい経歴で、日本やヨーロッパでは活発な活動をしてらっしゃるようですが、アメリカではデビューでした。サラサラした白髪と、からだ全体を使った指揮が印象的。

フロリダから遊びに来ている、音楽好きの主人の母の滞在と、鈴木氏のシアトルでの2回だけのコンサートの日程が重なって幸運でした。

5:11concert.jpg
始まる前のウフォームアップ。主人の母が本物のコンサートは初めての娘と友達のために、良い席を確保してくれました。

結婚カンタータの部分は、深紅のロングドレスを着た、若い中国人の女性の歌が入って国際的でもありました。

テレマン :  組曲「悲喜劇」
C.P.E. バッハ: シンフォニア ロ短調 Wq.182-5
        シンフォニア ニ長調 Wq.183-1
J.S. バッハ: 結婚カンタータ BWV 210
      : 序曲(管弦楽組曲)第4番 BWV 1069

関連記事

コメント

非公開コメント