弱気なヴォランティア ー Wimpy Volunteers

ドゥワミッシュ川という細い川の土手を、自然の植物に戻すというヴォランティアに主人が参加するというので、わたしも行って来ました。主人は、会社が珍しく仕事中の時間に行っても良いというので、この機会は逃せないという感じです。川の手前側はオフィス街で、向かい側は民家が建っています。野生のカナダガンが庭で休んでいます。


4:19:14river

主人は何とミサゴが川から魚を捕まえたのを見たそうです。わたしが気がついた時にはすでに飛び去るところでしたが、何回か旋回したので写真を何とか撮ることができました。魚がじたばたしているらしくて、飛んでいる間にぶるぶる体が揺れている時がありました。

川沿いはすでに何週間も作業が続いているようで、小さな木がすでに植えてあります。赤と青の小さな旗が立っていて、将来木を植える予定です。わたしたちは旗の下に敷いてある段ボール(草の繁殖を防ぐため)を一部はがして、次のヴォランティアの人たちが木を植えやすくなるよう準備をしました。

そのうち雨が激しくなって寒くなったので、休みなく動く必要のある雑草を抜く作業をしました。それでも寒かったです。

IMG_0594a.jpg 4:19:14bank

2時間くらい雨の中で作業して、肩やジーンズがしっかり濡れてしまいました。昼食が出るというので集合場所に行ってみると、テントにサンドイッチを自分で作るように用意してありました。みんなテントの中とはいえ立ったままで食べています。わたしは手はかじかんでいるし全然食欲がなくて、熱いコーヒーを飲む元気もなかったので、袋に入ったスナックをいくつかもらいました。主人は仕事が少し残っているというので事務所に帰って、その間わたしは車に帰って暖まりました。本当は食事の後も続けることになっていたのですが、もう気力なしでしで家に帰りました(涙)。

雨が降るとは聞いていたのですが、大雨は予想してなくて軽装だったのが間違いでした。子供たちのグループも来ていて、しっかり雨ガッパを来ているし元気でした。左の写真は子供たちが、段ボールを傘にして昼食のため行進して来たところです。

子供と言えば、家に帰る途中、家の近くでサッカーの試合を見ているお父さんお母さんたちが目に留まりました (写真右)。まさに愛情のあかし。娘はソフトボールだったので、わたしたちは楽をしました。

4:19:14kids 4:19:14soccor
関連記事

コメント

非公開コメント