仏教徒の目をした羊 ー Sheep with Buddhist Eyes

これは羊の目ではなく、たまたまこんなになったので残してみました。羊と鶏が入ると、そのつもりでなくても、どうしてもシャガールを思い出してしまいますね。

I didn't mean to but this painting reminds you of Chagall because it has a sheep and chickens. The eye is not quite like sheep's if you know but I just happened to paint this way and I kept it.

7:29:13sheep
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

いわれてみればその雰囲気ですねえ。そしてタイトルのとおりなにやら無常感がただよってます。

No title

とし坊さん、深く考えすぎですよ(笑)。
アメリカでは、仏教徒は虫も殺さない繊細な人とか、瞑想する考え深い人みたいなイメージです。

No title

…そうか!

そういえば大津の石山寺では増え続けるシカの食害で数千株の紫陽花や花菖蒲が全滅し、対策に頭を抱えているそうです。
なにしろ「殺生を禁ず」なので、庭園に無粋な覆いをしてしまうか、あきらめるしか手がないと。

No title

それはひどい被害ですね。花の世話をしている人たちは涙ぐんでしまったでしょうね。お寺に来てくれる人も減るでしょうから経済的にも大きい問題ですね。

ワシントン州やオレゴン州では鮭を保護して増やそうとしているのですが、アザラシかアシカがダムなどの川がせき止められた場所でどんどん鮭を食べてしまいます。種類によっては保護されている動物なので、殺す事ができなくて困っているそうです。殺すと言っても、ただ本来食べるべきの物を食べているのだから可哀想でしょ。