Fine Art America ー 3 A Day Greeting Cards for All Occasions at FAA

Fine Art Americaというサイトでは、いろいろなグループに属することができるんですが、この 3 A Day Greeting Cards for All Occasionsというグループは、最初のページにわたしの絵を載せてくれました。と言ってもたくさんの絵が並んでいるので、探さないと見つからないですけれど。このサイトは、アーティストの絵や写真をプリントやカードにして買うことができます。

Art Prints

At Fine Art America, one of the groups I belong to is called '3 A Day Greeting Cards for All Occasions'. They are featuring my Parrot Tulip painting right now among many other beautiful paintings and photographs.
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

サイト見てきました。やっと見つかりました。
いろんな方が参加しているんですね。アメリカって面白いサイトがあるんだなあと感心しました。
ひまなんで、研究してみます(笑)

No title

このサイトは、写真でも絵でも載せると、プリントやカードがほしい人がオーダーできます。製品は直接買った人の所に行くので、アーティストは何もする必要がないところが助かります。

No title

私も調べてきましたが、便利なサイトですね。
登録は、氏名のほかメールアドレス、住所、セキュリティコードのようですが
それ以外に何かありますか。

とりあえず登録しておいて、あとで考えようかと思っていますが、すぐにグループ登録しなくてもいいのかな。

No title

グループ参加は必要ないんですよ。ただ楽しみと、参加すると見てくれる人が増えて、検索したときに見てもらう機会が増えるという理由があります。20点まで?載せるのはただだったと思います。

No title

ということは、投稿する目的で入っていいのが出来たら投稿しておくって感じでいいのかな。
それならもっと気楽ですね。

ただグループに入っておくと、絞ってもらいやすいということがあるのでしょうか。
すごい作品数ですものね。

あらためてNYってところの凄さを見たような気がしますね。


この後、登録だけしておきました。画像は日本においてきたPCの中なので
帰ってからゆっくり投稿します。
WDEはハンドルネームだけど、こちらはほぼ実名で作品が出せるのもメリットのひとつですね。

No title

たいていの人が本名で出しているみたいです。検索したときに、View の数が多いのから表示されるので、なかなか有名な画家でもないと、300とか500Viewになりません。

コンテストに出すと、参加者やその他の人が見てくれて、30とか50とか入ることがあります。1年、2年の間には、誰かが検索したときに、1ページ目か2ページ目に出る可能性が、という感じで長期戦です。わたしも、あるメンバーの人から助言してもらって初めました。

そんなに収入になっている人はいないと思います。年に2、3回オーダーが来るという人のコメントを読んだことがありますが、わたしもそんな所です。掲示板があるので、そんなのを時々読んでいると、もっとどんな様子なのかわかって来ると思います。が、わたしはなかなか時間が見つかりません。

No title

そうですよね~、あれだけ多いと。
私も様子をみながらはじめようと思っています。

実は最近、何とかいうところから、絵画レンタルのお誘いがあったのですが、登録にウン万円、個人ギャラリーを作るのにウン万円、という話でしたので却下したところ。

売ることより、日本だけでない場所に身をおいて、他の作品に比べてどうなのかを知っていくことのほうが大事でしょうね。
そういう意味でWDEもいい場所ではあるのですが。

とにかくいいこと教えていただきました。

No title

そう言っていただけると嬉しいです。
わたしは、教室に通ってないし、個展などとも縁がないので
とかく孤立してしまって、あまり情報がないんです。

ネットで売ることに関しては、したことのない人より知っているかな
というくらいです。:-)