シカゴ大学からのハガキ ー Postcard from U of Chicago

来年の6月に高校を卒業する娘は今が大学への申し込みをする時期です。たくさんの学校から問い合わせをしないのに、どこからか情報を得てカタログなどを送って来ます。かなり飽き飽きしているところに、こんなハガキがシカゴ大学から来ました。

内容を翻訳すると、こんな感じです。
皆さんは、たくさん学校から資料が送られて来て、見分けがつかなくなっているでしょう?エッセーも書く必要があるし、先生からは推薦状をもらわなければいけないし、ストレスのたまる時期ですね。わかりますよ。通常の強引な販売法ではなく、わたしたちのオフィスで働いている人たちからの入学手続きのための助言をお伝えする事にします。(ハガキの裏に手書きのリストがある。)助けになると良いですが、もしkだめだったら、この可愛い子猫はどうでしょう。

というわけで、娘は可愛い猫の写真に感激して、願書を出そうかなと真剣に言っています。

10:27:12postcard

My daughter is seriously thinking about applying to U of Chicago because of this kitty.
関連記事

コメント

非公開コメント

早いですねえ

もう大学生なんですね。私は中学生の頃にはじめてお会いしました(笑)

この心配り、しびれますね。日本の大学もこのくらいのサービス精神もってくれたらいいのに。

とし坊さん、

そうでしょー。シカゴ大学はぜんぜん考えてなかったのに、バックアップの学校として願書を出すことになるかも知れません。希望の学校に入れなくて、しかたないから試しに学校を訪問してみたら、すごく気に入って決定ということもありますよね。

もう一緒に住む日も少なくなって来たと思うと悲しいです。