It's nice to be heard for a change!

主人の親戚が引退後、Veterans Heritage Project という組織に参加しているとメールを送って来ました。

どれどれとサイトを見ると、戦争に行った軍人たちの貴重な体験を、国の遺産としてアメリカ議会図書館 (US Library of Congress) に残すため、学生にインタビューしてもらうという企画のようです。最初のページにビデオがあって短い説明文があり「Learn more」をクリックして、追加の説明を読めるはず、がエラーが出てしまいました。

おせっかいもんのわたしは、ページの右下にある「Contact Us」をクリックして教えてあげようとしましたが、それはクリックするように作ってなく、郵便用の住所があるだけでした。右上に別の「CONTACT US」を見つけたので問題ないのですが、メッセージを送って、一瞬郵送しかないのかと思ったことを、エラーが出た事とともに知らせておきました。

まもなくメールが来て、もうすぐ直しますということでした。少ししてサイトを見たら、何とリンクは機能しているし右下の「Contact Us」には住所だけでなく、メッセージを送れるページへのリンクが加えてありました。そんな訂正がわたしがメッセージを送ってから1日内にすみました。

というわけで、この記事の題の「It's nice to be heard for a change!」となるわけです。訳すのが難しいのですが、for a change = 変化を付けて、目先を変えて、と辞書にあります。この題の場合、「今回は例外として」みたいな意味です。全体を訳すと、「わたしはいつも無視されているので、今回は例外として誰かがわたしの意見を聞いてくれるのが嬉しい」というような感じです。

仕事を探そうとしてもなかなか見つからず、家族からは感謝される事もまれ。たまに期待していない所で尊重されるというのは気持ちが良いものです。主人に「このサイトはわたしの意見を聞いて、2カ所も訂正してくれたのよ。」みたいに話したら、主人はテレビから目を離さず、「ふ〜ん」くらいのものでした。まさに、Its nice to be heard for a change だったのです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

積極的な和美さんの性格が、良い結果になってよかったですね。
そんなの見つけても、つい『ま~いいっか』とそのままにする事が多いです。
でも、間違いを指摘してもらう方はありがたいのでしょうが・・・v-290

No title

わたしは結構こういうしなくても良いことに無駄な時間を費やしています。(笑)

去年、市が開催している絵の公募展のサイトで、同じくリンクが出なかったので指摘したら、別のページに必要な内容は出ているから問題ないと返事が来ました。どんなに素人っぽく見えるか気が付いてないみたいでした。今見たらサイト全体が、完全に模様替えされていました。

ミケトラさんが教えてくれた、例の機械翻訳を使って、ただ断りだけ付け加えれば問題ないと思っていた人たちと似てますね。

Kazumi

Art Blog by:Kazumi

Etsyというサイトで絵を売っています。
ご質問は日本語でどうぞ。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カウンター