わが家にも春の兆しが . . .

赤はわたしのカメラでは上手く写りません。花の白く写っているのは光が当たっている部分です。桜も一部咲いています。お隣のブロックでは紫色の葉を付ける桜の木が満開です。桜の向こうにはレニア山が見えます。...

ライオンの像

WDEの課題からです。sho3さんが良いのを描いてらっしゃったので、白黒では緑青の感じが出ないと思いましたが描いてみました。画用紙にジェッソを塗ったのがあったので、それに鉛筆で描きました。ライオンが大きく見えるように写真より鳥を小さくしてあります。...

もうすぐソフトボールの季節

3月1日からソフトボールの練習が始まります。最初の3日間でチームに入れるかどうか決まります。高校では体育の時間は選択なので、半年くらい何もしていなかったことになります。これではマズいというので、公園で体を慣らすためにチャッチボールです。2人とも、ちっとも格好がついていません。...

カートン入りの卵

描くのに時間がかかってます。これで3日目ですから。スキャンすると客観的に見えて、色々気が付きます。一番左の一番上の卵の陰が濃すぎでした。右手の陰も幅が広すぎ。また調整だー。カートンの凸の部分は、だいたい高さが同じくらいのはずなのに、卵の上の陰の長さは違いますね。あまり考えずに自動的に描いていました。オリンピックを観ながらだし。卵の高さの違いによるようです。不自然に見えないと良いですけれど。卵の一番...

ジュネーブ

娘はパリからスイスのジュネーブに行きました。どこを見ても絵になるんでしょうね。写真を撮るのが嫌いな娘にしては、たくさん写真が撮ってありました。街を歩く人たちの洗練された姿に感動して、ただの通行人が入った写真もいくつかありました。パリジャンももちろん素敵で、エッフェル塔で作業している人たちが、カーゴパンツにスカーフをしていたのがカッコよかったそうです。世界一高い噴水?ローヌ川の水がきれいで川の底まで...

卵とキッチンタオル

ほとんど出来ていたのに、なかなか仕上がりませんでした。ワッフル織りの周りの線を消すか消さないかとか考えたり、もっと卵の表面の陰を均一にしたいとか思っていたのですが、今のところそのままにしておきます。pencil on paper, 25cm x 20cm...

ルーブル美術館

パリに行ったらやっぱりルーブルに行かないとね。娘は美術に興味がありませんが、親戚に連れて行かれました。ルーブルでは写真が撮れるんですね。驚きました。娘は結構感動したようで、モナリザは大した事はなかったけれど、ニケが気に入ったようです。とは言え、モナリザの写真も撮ってありました。ガラス越しだし照明も暗いので、良い写真ではありませんが。たくさん有名な絵の写真がたったのですが、ほとんどブレていたり光が反...

娘の電話

娘が夕食前に電話をかけてきて、パリで観光をしていたと言う。「モナリザの微笑」には感動しなかったけれども、「サモトラケのニケ」は優雅で感動したそうです。ニケは美術の教科書に出ているし昔から知っているけれども、もちろん見たことはありません。ニケとはナイキのことだと気づいたのもずっと後。美術に全然興味のない娘が感動するくらいだから、すごい彫刻なのでしょう。...

バレンタインの日

主人とわたしのバレンタインといえば、ベトナム麺のチェーンレストランで昼食。普通は1品ずつしか注文しないのですが、今日は奮発して、わたしは揚げ出し豆腐(タレが全然違っていてハズレ)、マットはベトナム風コンデンスミルクの入ったコーヒーを注文しました。後はターケット(ディスカウント百貨店)とかクラフト店とかで買い物をしただけですから、ロマンティックではないですね。日本に住んでいる友達から、ジャン・ポール...

オリンピック - フィギュアスケート

オリンピックは、国籍にかかわらず引退するような年齢でもがんばっている選手を応援したくなります。中国のフィギュアスケート、ペアの人たちは男性が36歳だったと思います。今日のショートプログラムで金メダルでした。スピードスケートのアポロ・大野はまだ27歳ですが、以前一緒に競っていた人たちが、すでにコーチになっているそうです。フィギュアスケートといえば、クリスティー・山口が、アメリカ版「ダンシング・ウフィ...

パリ

娘の旅行は、急遽ハドソン川からセーヌ川です。残念ながら汚くて匂いがしたそうですが。絵はがきのような美しい風景 . . . が、この写真では街灯がハートの形に写っています。バレンタインの日の愛の街、パリ。ノートルダム寺院(凱旋門なんて初めに書いてしまいました)エッフェル塔も有名ですが、これは絵はがき写真を避けて、塔の上から撮った列に並んだ人たちの写真。安物のカメラでも、美しい夕日があればパリの街もきれいに...

オリンピック - スピードスケート

オリンピックは、日本とアメリカの選手が出ている場合は日本の選手を応援します。スピードスケートは、日本人が出ていましたが予選で落ちてしまいましたね。アメリカは、アポロ・大野選手が有名です。土曜日、短距離で銀メダルを取りました。日本人のお父さんがいつも側に付いています。銅メダルを取ったのがまたまた混血のセルスキーという名前のまだ若い子で、こちらもお母さんがアジア人です。2人とも可愛くて、シアトルの南の...

ワシントン DC 観光

2月13日の娘が撮った写真をやっと載せます。ヨーロッパに行く前にワシントンDCに1日泊まって見学です。混乱しそうなので説明すると、わたしの住んでいるのは西海岸のワシントン州、大統領の住んでいるワシントンDCは東海岸です。例の有名なホワイトハウス、大統領の就任式が行われた議会議事堂、ワシントン記念塔  最高裁判所、飛行機が着陸したハドソン川りすの写真を撮るということは、やっぱり女の子でしょうか。男の子で...

ヨーロッパとオリンピック

娘はついにヨーロッパに飛び立ちました。飛行場に行く前にワシントンDC内を見て回ったそうですが、記録的な大雪の後だったので、街全体がまだ深い雪に覆われていて、観光客が行くような政府の公共の建物は閉まっていたそうです。またもう少ししたら大雪が降るそうで、雪の合間に飛び立てて運が良かったです。夜はカナダで行われている冬季オリンピックの開会式を観ました。娘のために録画もしました。バンクーバーは、シアトルから...

打撃練習

もう少ししたら娘のソフトボールのシーズンが始まるので、バッティングマシーンでちょっと練習。日本語では打撃練習と言うんですね。アメリカではバッティングケージに行って来るとかになるでしょうか。娘は全然タイミングが合わなくて全然「撃」ではありませんでした。比較的近くにある遊園地で、野球に重点が置いてあるらしく、数個バッティングマシーンがあるのが、野球は時速30マイル (48km)、50マイル (80.5km)、70マイ...

イグノレイマス

Dictionary.comから、毎日難しい単語をメールで送っもらっているのですが、今日の単語は「ignoramus」(イグノレイマス)でした。意味は無知という意味です。誰かが冗談に、サラ・ペーリンを表現するために、「ignorance」と「famous」をくっつけて作った単語のようではないですか!サラ・ペーリンはティパーティ運動(大統領に反対する草の根運動)の大会に招待されてスピーチをしたのですが、大統領がプロンプターをスピーチのと...

ちらし寿司

12日に娘がヨーロッパの旅行に行くので、普段だらけていた料理に少し力が入っているかも。サーモンと金目鯛の下はインスタントのちらし寿司なんですけれど、普段はキュウリと卵とアボカドくらいですから、今日は高価です。主人の仕事場の近くに日本食品店ができたので、日本食が手に入りやすくなったのですが、残念ながら普段は最低限の物しか買えません。...

Toad in a (the) Hole

穴の中のガマガエルというような意味です。テレビで見たので作ってみました。パンの両側に軽くバターを塗った後、小さめの湯のみなどで穴を開け、フライパンで切り抜いた丸い部分(穴のふたのつもり)と一緒に焼きます。卵を割って穴に落とし、塩こしょう。焦げ目が少しついたところで裏返します。パンに続いて卵をすぐ入れないと、パンが縮むせいか卵の白身がパンの下に滲み出てしまうので、気をつけましょう。娘に受けました。...

「ムッソリーニとお茶を」

最近、フランコ・ゼッフィレッリの「ロミオとジュリエット」を観たので、今回は彼の自伝的映画「ムッソリーニとお茶を」を見ました。どこまで事実に忠実なのかはわかりませんが、愛人の子供として母親なしで育った悲しい子供時代と、戦争に巻き込まれたイタリアに住むイギリス人女性たちの話です。ゼッフィレッリの自伝があったら読みたくなるような映画でした。ムッソリーニとお茶を (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【...

トヨタ車

トヨタがまたニュースになっています。アクセルがひっかかって暴走してしまうというのをテレビで報道していたので、わが家でも暴走した場合の手順を主人と確認していたところでした。今回はプリアスのブレーキが一時的に利かなくなるというので、プリアスを使っているわが家ではドキッです。いつも貧乏だと愚痴をこぼしている割にはプリアスですが、主人のお父さんから安く譲ってもらった中古です。これからは、暴走してしまった場...

カランコエ

ミケトラさんのブログの1月22日の記事にある写真から描かせていただきました。時間はしっかりかかったのに、そんなに可愛くなくて少しがっかり。写真のようにきれいな色がないし、柔らかさが出てないせいでしょうか。...

記録的な暖かさ

12月は、9日(-7F)、10日、11日と、最低気温が3日続けて記録破りの低さでしたが、1月は記録的な暖かさで零下になった日が1日もありませんでした。この気温は本来なら3月の平均気温で、アルニーニョの影響だそうです。つい最近の2006年の2月平均気温の記録46.6度(8.1F)を破って、今年は47(8.3F)度でした。...