大晦日

12/31夜のあいだに雪が降ったので、凍ると危険な階段の雪かきをしました。毎日でないので結構たのしいです。

12:31snowtoss

その後、家から5分くらい歩いた所にある坂がちょうど滑るのに良さそうなので試してみました。娘は手で雪をかいて方向を調整しています。主人は足がうまくそりに乗らなくて、方向なんて言っていられません。お義父さんは、すぐ曲がって転倒ですが、雪を均してなどと場所を向上することを話したりしています。

12:31sledding1

わたしは、恐怖のせいか座らずに寝てしまいます。方向はまずまずでした。

12:31sledding2

午後はダウンタウンでギャラリー巡りをしたあと、クリスマスの飾付けがまだある小さな教会を観覧しました。

12:31churchXmas


面白い本

娘が親戚から、「Outliers: The Story of Success」という本をクリスマスにもらいました。日本でも「天才! 成功する人々の法則」の題で翻訳が出ています。「天才」というのはちょっと誤解を受けそうな題で、多くは色々な分野で成功している普通の人の話です。まず最初にあげてある例は、子供からプロまで成功しているホッケー選手は、1月2月3月生まれがほとんどだという事実です。スポーツはまずは生まれて持った才能が重要だという考えがありますから、「えっ、どうして?」となります。

あと、ビートルズやビル・ゲーツの例をあげ、成功するには10,000時間その分野で練習することが必要とあります。ゲーツの場合は本人の努力だけでなく、環境が重要なことがはっきりします。ビートルズは、たぶん知られていない事実だと思いますが、有名になる前に、ハンブルグに何回も行ってストリップ劇場で毎日8時間以上も演奏していたとあります。

アマゾン.comで日本語訳が出ていることを見つけたのですが、review を読んでみると、書き方の違いがあるのに気が付きます。日本人は感情的になっている人が多いのに比べて、アメリカ人は本の概要から始まって、自分の意見を例をあげて批評家のごとく(たぶん本人はそのつもり)説明している人が多いです。娘は学校で年に何回も本の批評を書いているので、教育の違いかも知れません。わたしは、国語の時間で年に1回くらいしか本の感想を書いた覚えがありません。昔の話ですから、忘れているだけかも知れませんね。最近はどうでしょうか。

翻訳が悪いと批判している人もいましたが、アメリカ人の方は5星4星の人がほとんどなのに対して、日本人はそんなに気に入っていないようで、これも興味深い違いです。


天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る

夕食

ニュー・メキシコに来ると、サンタフェにあるフランス風のデザートが食べれる、ラフォンダ (La Fonda) というカフェにいつも行くことにしています。今回はブラック・フォレスト・ケーキを食べました。アメリカのケーキと違って甘すぎないのですが、日本のケーキのように美味しくはありませんでした。ニュー・メキシコに来てから、ずっと食べ過ぎているので、これで昼食です。

12:30lafonda

夕食はスキャロップポテトをお義父さんを作ることになってしまいました。作ったことがなかったので億劫でしたが以外に簡単。チーズが足りなかったのか水っぽくなりました。それでも美味しかったです。
12:30potatos

夕食は、お義父さんが友達からもらったというエルクの肉、スイスチャード(本当は濃い緑色)、とわたしたちの作ったスキャロップポテトでした。エルクとは大型の鹿のような美しい動物で、ちょっと罪悪感がありました。肉が固くなるからというので気をつけて料理していましたが、ミディアムレアにもかかわらず固かったです。野生くさいかと思ったら、固めのビーフという感じでした。

12:30dinner_elk

スキー

「前回、ニュー・メキシコでスキーをしたのはいつだった?」とか話していて、今回で3回目というのは当たっていたのですが、去年は来なかったと皆で思っていました。このブログで検索すると、3年連続でお正月に来ています。

最初の年は娘1人でスキー(親は極端な運動音痴)、2年目は親戚の友達の娘さんと2人、今年はその娘さんと友達と義理のお兄さんの計4人です。赤いジャケットが娘で、その前に立っている3人がグループです。小雪が降っていました。

12:29ski

娘を若いもんと残して、主人とお父さんとわたしは、先に家に帰りました。小雪の後は曇っていたのですが、帰り道は霧が少し出ていました。どこのスキー場でもありそうな風景です。

12:29ski_trees

山から半分降りたころには晴れ間も出て、家に帰ったら面白い雲が出ていました。ニュー・メキシコは写真家や画家が好んで来る所で、変化に富んだ雲も一因だと思われます。

12:29NMclouds


夕日が差すころには、虹の一部のようなものが、太陽の右手に出ていました。

12:29NMrainbow


サンタフェの観光

ニュー・メキシコは天気は良いけれども夜は零下になる寒さです。何日か前に降った雪が昼間少し溶けては、また夜凍るというのを繰り返しています。

家のそばの馬は朝日の中で寒そうでした。白い息と濡れたあごの毛が朝日に光っていました。
12:28horse_morning

喫茶ギャラリーに出したことのある家にまた出くわしました。交通信号の横にあるので写真をつい撮ってしまうようです。
12:27NMhouse

町中で見かけるつららは、低温のせいでこのまま残りそうです。有名なジョージア・オキーフの美術館のすぐそばで。
12:28icicleNM

美術館の O'Keeffe Cafe で食べたさしみサラダ。わさびは辛くありませんでしたが、まずまずの味。
12:28sashimi_salad

クリスマス・パーティー

お義父さんが、有名人の催すパーティーに招待されたというので行きました。ごく限られた「地方セレブ」だと思ったら、けっこう多彩な人たちが集まりました。お邪魔した家の持ち主、Richard Stolley 氏は、もと Time Magazine の編集者、 People Magazine の創始者編集者、奥さんは元女優、その他招待された人たちは、牧師、有名ではない脚本家、政治家、医者、仕事を探し中の法律家と、「オリエント急行の殺人」の登場人物のようでした。

家はフォーマルな装飾で、ニューヨークから持って来たという(金ぱくを貼った動物の足が付いたような)家具で飾られていて、全然ニュー・メキシコ風ではなく、奥さんもどちらかというと派手で、お義父さんの奥さんは多少いらついていました(笑)。

旅行日

ニュー・メキシコにある、主人のお父さんの家に来ています。シアトルは寒いけれども晴れでした。同じ晴れならシアトルの方が暖かいです。空港から見えるオリンピック山脈。

12:26airport1

飛行機から見たレニア山。
12:26airport2

ニューメキシコの最初の食事はチリでした。国内線ではクラッカーとピーナッツしか出してくれなかったので、暖かい食事は特に嬉しくなります。友達からもらったレシピだそうで、あっさりしていて美味しかったです。上にアボカド、サワークリーム、サルサ、チーズを勝手に乗せて食べます。

12:26chili

メリー・クリスマス!

以前描いてあったカプシクルというデザートの絵に色鉛筆で色をつけてクリスマスカードにしました。来年はもっと豪華にしたいけれども、今年は例年のごとく時間がないので、この辺で . . . 。今から来年のを作っておけば良いのよねー。

12:25cupsicle_xmas


ツリーの飾りつけ

なんとクリスマスイブになって飾り付けをしました。木はずっと前に購入してあったのですが、家族みんなで飾り付けをと思っていると、やる気のない3人ですから、気が付いたらイブになっていました。娘もすでにはしゃぐ歳でもないし。それにしても、来年はもっとしっかりしなければ . . . 。

12:24decoration

切手の到着

オーダーしておいた切手がやっと着きました。本当に郵便に使えます。主人のお父さんの75歳の誕生日のプレゼントです。主人の弟と奥さんもパーテフィーに参加するけれども、ちょっとこれより良いプレゼントないだろー、はっはっはっ、と自慢。12月14日の記事にある、Rejection E-mail (オーダー拒絶のEメール)を添えてプレゼントするつもりです。

12:20stamp_sheet

娘の肖像

クリスマス・プレゼント用に描きました。親戚にあげるので、もちろん受けることはわかっていて楽と言えば楽です。お金もかからないし、経済困難のわが家では大助かりです。薄く描いたので、ちょっとでも濃さが変わると変になるので、結構微妙な調整が必要でした。

12:18daughter
pencil on charcoal paper, 10 x 8 inches



M & Ms

マーブルチョコレートのような M & M というのがアメリカにはあるのですが、日本でも最近あるのでしょうか。複数の S をつけて、エムアンドエムズと発音します。主人がお父さんのお誕生日にと特別にオーダーしました。色も選べるし、顔写真やHappy Birthday! などを表面に印刷してくれます。

12:17m__ms

パネットーネ

パネットーネが好きなので、また今年も買いました。11月の終わり頃?になると、お店に山積みになって売られています。イタリアからはるばる来ているので、日持ちが良いようです。日本では1年中あったと思いますがどうでしょう。主人と娘は好きではないので、独り占めして食べています。

12:14panettone


切手のオーダー

主人の父親の75歳の誕生日が1月なので、特別なプレゼントということで、普通に手紙を出すときに使える切手をオーダーしました。と、何とメールが来て下記の理由で拒絶されてしまいました。
--- Design incorporates a celebrity or other famous person's name or likeness.

有名人の名前または有名人に似ているデザインであるというようです。名前を下の方に入れたのですが、有名な顔でも名前でもありません。説明も聞かずに勝手にキャンセルして、お金も戻って来ていました。まったくショック。メールで説明したら、再度オーダーしてくださいとの返信。失礼なやっちゃなー。まあ、怒るのは切手を見てからにするか。

12:8mike_stamp500

クリスマス、イルミネーション飾付け

今年は早いぞ!まだ12月半ばだというのに、もう飾付けです。いくつか半分しか電気がつかないのがあったので、ちょっと寂しい飾付けになりました。来年は追加を買わないとだめなようです。

12:13lights_day

12:13lights_night2

12:13light_night1


坂道

昔描いた絵に手を加えました。
12:11street
pencil on watercolor paper, 7 x 7 inches


あんパン

あんパンのレシピを見つけて作ってみました。娘が取っている料理のクラスで、みんな家庭の伝統を表す料理を持ち寄って食べるというのがありました。アメリカですから移民が多いです。すでにお寿司を持って来ると言っている子がいて、何かデザートは?というので、あんパンにしました。

以前から作りたいと思っていたのですが、面倒だと思って作っていませんでした。ほかには、ベトナム風の春巻き、スカンジナビア料理と色々あったそうです。ビュッフェ風に、いっぱい並べて自由に取って食べたそうで、たくさんありすぎて余ったので、娘は仲良くしている司書さんに、あんパンを2つあげたそうです。

あんは前日作っておいたので、そんなに大変ではなかったのですが(日本では出来たのを売っているようですね)、娘にあんの作り方とパンの作り方のレシピ(英語だったので)を口頭しているとかなり面倒でした。こちらで売っているあんパンは少し乾燥した感じですが、作ったのはちょっとねっとりという感じで美味しかったです。

12:10anpan1


女の子

親戚の長年の友達の孫なので、遠い親戚のようなものです。親は白人ですが中国からの養子です。2年前の写真から描いたので、もうずいぶん大きくなっていることでしょう。クリスマスプレゼントにするつもりです。
12:7girl_drawing
pencil on charcoal paper, 5 x 7 inches

This is the daughter of our family friend. The photo was taken in the summer two years ago, so she must be much bigger by now.

さつま芋パン

ミケトラさんに教えてもらった、さつま芋と黒ごま入りのパンです。とても美味しくできたのですが、主人と娘は興味を示さず、わたし1人では食べきれませんでした(涙)。
12:3sweetpotato_bread


Kazumi

Art Blog by:Kazumi

Etsyというサイトで絵を売っています。
ご質問は日本語でどうぞ。

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カウンター