直産の果物

エレンズバーグで風車を見た後、高速のそばで売っていた果物を買いました。地元の農家の人たちが経営しています。左手前にあるのはプロイト(Ploitだったか?)とか言って、プラムのようなものです。あとモモ、リンゴ、洋梨です。写真に入れるのを忘れましたが、これに5ドルちょっとのビン入りピーチバターが加わって計12ドルくらいでした。

8:31fruits500

娘が旅行中のあいだに . . .

1990年代に流行ったテレビ番組、Northern Exposure「たどりつけばアラスカ」の冒頭に出てくるロズリンという町に行きました。実はワシントン州、車で1.5時間くらいです。昔は炭坑の町で、たまたま炭坑祭りが催されていて天気もいいしたくさんの人出でした。最近どういうわけかこの古いテレビ番組を再放送していて、そのせいかも知れません。

8:31church
坂道の中ほどにある可愛い教会

この壁画は番組の最初に出るので有名になって、左手がレストランの入り口になっています。教会など見たあとで行ったら、もう少しで閉店するというので入れてくれませんでした。何と2時くらいです。商売っ気がありません。テントの人たちもすでに片付け始めていました。お祭りと言っても一部のお店や道のまん中のテントで野菜や果物、ワインなどを売っていただけです。バッグパイプの人たちの行列が演奏せずに行き過ぎたので、わたしたちは演奏も見逃したようです。

8:31roslyn500


ちょっとがっかりでした。が、目的は風車なのです。近くのエレンズバーグという町にある風力発電のための風車を見ました。現在、172台ということで、まだ増やしています。もちろん風が強い所にあるので、冷たい風のおかげで頭痛になりました。

8:31large_view
丘の上にある風車を登りきる前に見上げて撮った写真

8:31one_large
資料センターまでドライブして行くと一番近くにある風車が大きく迫ります

8:31parking_sign
駐車場にはグリーンカー専用の場所も

8:31wing2
翼1本がサンプルとして置いてあり巨大でした

8:31shower
夕立が遠方に見えて水彩画のような風景でした

素晴らしいスケールの大きさです。風車が広々とした平地に建っているだけでなく、雲がまた良いのが出ていました。見る方角によって光が違って、どちらかと言うと平凡な地面が色々な表情を見せてくれます。写真に凝っている人だったら、凄い写真が撮れそうです。

どういうわけかトム・クルーズの「宇宙戦争」をしきりと思い出していました。巨大な宇宙船を連想するのでしょうか。ぜんぜん似てないんですけれど . . . 。人間が造った物でないようなSFの雰囲気があります。

YouTubeにも載っていました。
http://www.youtube.com/watch?v=jhI8Y_sKcWI

風力発電の初歩を知りたい方はこちら。
http://homepage1.nifty.com/cubo/wind/tec/first/index.htm

プラハから

娘はついに昨日プラハに旅立ちました。初めて送って来た写真です。

素敵なブレックファスト・ルーム(かな?)。
8:28diningroom

シャンペンとチョコレートが用意してあり . . . 待てよ、チョコレートが1個紛失している!
8:28missing_chocolate

街はやはり素晴らしいいけれど . . .
8:28view

娘の部屋はすでにこんな状態です。スイートだけれど、こんな大きなベッドと別のトイレもついているそうです。
8:28bedroom



エゴン・シーレの肖像

チェスキークロムロフを訪れるようミカチさん(リンク参照)に推薦していただき、どんな所か調べていたらエゴン・シーレが住んでいた所で彼の美術館があることを発見。写真も見つけたので描いてみました。何回も顔を塗り直していたら厚化粧した俳優のようになってしまいました。

shiele-12x9.jpg
acrylic on canvas 30.5cm x 22.5cm

My daughter is leaving today to visit Prague (first stop is in Philadelphia) and one of my blog friends who has lived in Italy for 8 years recommended to stop by at Cesky Krumlov which is 2, 3 hours drive from Prague. While I was checking up on the information, I learned that Egon Schiele lived there and there is his museum in the town. I found a couple of his photographs and decided to paint one of them.
http://www.etsy.com/shop.php?user_id=5274216

オリンピックも終わり

8月8日に始まったオリンピックも今日で終わり。オリンピックのおかげで中国の風景をテレビで最近よく見ましたが、観光地さえほとんど見たことがないのに気がつきました。いつも見ていたのは万里の長城、混雑した都市の車(昔はもちろん自転車)、工業地帯の乱立した煙突とスモッグくらいです。万里の長城だけでなく、広い中国には驚くような所がたくさんあるでしょうに。

くだらないリアリティショーやゲームショーより、誰かカメラマンを連れて2人で中国の各地を回ったほうがお金もかからず面白そう。公共テレビ局でも、そういうのはなしです。そういえば、「兼高 かおる世界の旅」なんてありましたね。

ダウンタウンの風景

昨日の Art & Antique Walk の参加者は、現地で絵を描いてオークションに作品を出す事が出来ました。わたしのは入札なしでしたが、レストランの$10ギフト券をくれたので参加してよかったです。申し込みの説明にはギフト券はどこにも記述してなかったので、棚からぼたもちの心境です。

雑な絵ですが、お客さんに対応しながら椅子にすわって絵をひざに置いて描いたので、まずまずというところでしょうか。

8:23street_painting

後で参考にするために、写真も撮っておきました。絵を売っている場所から右手を見た風景です。。昨日も書いたように、そばでジャズギターを弾いているミュージシャンがいて、天気は良いし絵を外で描くのは最高でした。曲によっては、ナイトクラブにいるような気分になりましたが . . . 。

8:23street

ちなみに、下の3点が売れました。

Ishino さんち(リンク参照)のユウ君。テーブルの上に置いておいたら、みなさんに可愛いと言っていただきました。

8:23ishino
acrylic on canvas 10 x 8 inches

8:23onion
acrylic on canvas 14 x 11 inches

8:23garlic450
acrylic on canvas 18 x 18 inches

第3回 Art and Antique Walk

住んでいる市の主催する、ダウンタウンの催し物に参加しました。15ドルを払うと道ばたで絵を売る事ができるので参加したのですが、これがなかなか用意をするのが大変でした。絵のふちを塗ったり(絵を額なしで飾る人が多いので)お店の中のガラスに掛けるために針金を絵の後ろにつけたりです。何とか33点、その他絵のコピーも用意しました。

8:23table500

車に積むとこんな感じです。エコバッグはなかなか重宝しました。

8:23stuff500

ダウンタウンは最近ギャングの争いがあるそうで、警備員の人が回って来ました。もちろん昼間だし何事もなく、のんびりしたもんです。警備員の後ろに写っているのは、ジャズギターリストです。最初は2人いたのですが、1人帰ってしまって、後半はソロになりました。

78:23secirity

5時に終わってすばやく片付け、お客さんんとの会話の合間に描いた絵がオークションで売れてなかったのでピックアップ。催しに参加した人は、当日作品を作ってオークションに出し売れたら10パーセントがチャリティーに行くことになってました。数人しか参加してなくて、わたしのは入札なし。

終わった後は急いで近くのアジア系レストランのハッピーアワー(6時まで)で注文を。窓際の席で外を見ながら食べました。主人はもちろんビール、それもサッポロです。暑い一日の後で日本を思い出していました。わたしは水でしたが、あんなに美味しかったのは久しぶりです。その後は涼しくなった近くの川沿いを歩いて今日は終わり。

ところで絵は3点売れました。

8:23river

オリンピック開会式

わたしも見ました!たぶんすごいだろうと思っていましたが、期待を裏切らない素晴らしさでした。2008人がぴったり息が合っているのは圧巻でしたね。アメリカ人だと、目標がが低いし目立ちたがりやのがいたりして、あんなに絶対そろいません。

小粒なブドウ

日本にもあるでしょうか。アメリカではシャンパングレープと呼ばれていたと思います。(発音はシャンペインが近いか)

8:7mini_grapes

庭仕事

だれも何も言わないので、気がついたかと娘に訊いたら、気がついていたとの事です。土が悪いので、梨の木を植えたとき土を盛り上げて植えたのですが、今回飾りレンガをアクセントに加えました。魚から作ったという肥料を、面倒なので水で薄めずに振りまいておいたら、猫か何かが掘り返した後が次の日残っていました。まあいいや。

8:5pear_tree

肥料も適当なので、あじさいは今年は今ひとつです。
8:5hydrangea

インドのお祭り

昨日、海岸の公園に行ったらインドの神様の誕生日のお祝いで、おみこしのような物をかついで、行列を作って歩いていました。一部には歌に合わせて踊っている人も。

8:3omikoshi
たくさんの人出

8:3omikoshi_large2
おみこしの後ろ側です。横は花で飾ってあります

ブースではマッサージ、瞑想をしていたり、食べ物や服を売っていて、インド風縁日でした。聞いてみたら神様の誕生日のお祝いだそうですが、どの神様か訊くのを忘れました。検索してみると、あるインド人向けのサイトでは単に「The festival of India」と呼んでいます。

イベントという所をクリックすると、地域のインド人たちの催すイベントが出ていて、「How to be Happy all the Time」というクラス、,「Indian stand up comedy」(インド人もやはりコメディアンがいるんですね。)、「Bollygrooves Bollywood Night」というミュージックイベント(Bollywoodとは、インドの映画には欠かせない盛大な歌とダンスです。)などがあって、とてもインド風で笑ってしまいました。ともあれ、完璧なシアトルの夏でした。

8:3nice_day

We saw the Festival of India at Alki beach. (Celebrating god's birthday, I heard but forgot to ask which God.) According to the website I found, it was "The festival of India".

I clicked on "Events" and found out that Indian people were schedule to have 'How to be Happy all the Time' course, Indian stand up comedy, and Bollygrooves Bollywood night in Seattle area. Just wild!

ドア

「The Hammer」 という映画が最近DVDになったので見たのですが、その中のシーンで主人公が階段を下りてボクシングジムから外に出る場面です。30.5cm x 22.5cmなので残念です。2m x 1mくらいの大きさだと栄えるかも知れません。

良い映画なのですが有名人も出ないし、地味な映画なので日本に輸入されるかどうか。

8:2door

This is a scene from the movie, 'The Hammer' where the main character, Adam Carolla come down the stairs to walk out from the boxing gym. As you can see, I eliminated him. The light coming through the door and the reflection on the walls caught my eye. The story is really good but this is a low budget movie that Japanese may not get to see.

Kazumi

Art Blog by:Kazumi

Etsyというサイトで絵を売っています。
ご質問は日本語でどうぞ。

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カウンター