スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢見る猫

ミケトラさんちのジョイ君です。最近絵が売れてないので、ちょっと派手な色で。胴体が短くなってしまったので、子猫のように見えますね。

腕(猫も腕というんでしょうか)の後に足がつながっているので変に見えますが、想像して直す腕(駄洒落になってしまった)はないのです。

7:28flowercat
acrylic on canvas 10 x 16 inches
スポンサーサイト

メキシコ風お寿司屋さん

この週末は、近くのモールが2億8000万ドルをかけて新装開店し、金曜日には州知事が出席したりアクロバットがあったりで大騒ぎでした。たくさんの人出はもちろん知事を見に来たのではなく、一番乗りするとただでもらえる物が色々あって長い行列ができたようで、ローカルのニュースで報道されていました。わたしたちは、物珍しさで日曜日にぶらっと行ってみました。

新しいお寿司屋さんができていてチェーン店なのですが、驚いたのはメキシコのメキシコシティが発端の地ということです。そこからサンディエゴに出店し今回はシアトルです。何とメキシコ風の焼き飯がメニューにあります。上にエビ味のクリームソースがかかっています。主人が注文して(わたしは到底勇気がありません)美味しかったのですが、お寿司とは合いませんね。飲み物はお茶ではなく、少し甘みのある冷たい抹茶ドリンクをただでもらいました。

聞いてみると、料理をしているのは皆さん新米をトレーニングする先生、つまりエリートだったんです。メニューを作成したという人も働いていました。そのせいかハマチのにぎりも美味しかったです。現在地元で採用した人たちをトレーニングしながらレストランでも働いているんですね。朝2時まで働いていると聞いたので、レストランが終わってか夜遅くトレーニングなのでしょう。ファストフードなので、働いている人たちが見えるのですが、皆さんさすがエリート、小柄で日本人っぽく、なかなか良い男たちでした。

ロッククライミングとキャンディストア

娘と友だち2人を、ワシントン大学の敷地内にあるロッククライミングの壁に連れて行きました。特殊な靴がないと2カ所しか登れませんけど

7:27rock_climbing

その後、昼食とデザートはお洒落なお店やレストランがあるユニバーシティ・ヴィレッジで。キャンディストアでわたしたちはチョコレートの魚、友だちの1人はチョコレートの犬を買いました。焦げ茶のラブラドールをチョコレートラブラドールと呼ぶので洒落になってます。

7:27candy_store

7:27fish

7:27lab

24日に色彩感覚について書いたので、選んだ色が気になります。写真にすると色も変わっているし。かえって写真で良くなる事もありますね。

背景が(写真だと見にくい)不自然な部分があるのでもう一回塗り直したいけれど、失敗する場合もあるし厄介です。アクリル絵具だと、乾くと色が暗くなるので、一部だけ手を加えるのが難しい。色が乾くと思った色でなくてちぐはくになることがあります。ほとんど上手く行かないといった方が正解です。乾いた後の色まで推測するほど上手ではないので。

油絵のほうがそういう場合簡単なのでしょうか。高校生の時に使って以来使ってないのでわかりません。そのうち試してみたいと思いますけれど、これまた面倒。何事も面倒なのです。

7:26peach500

暑中お見舞い申し上げます

ちょっと暑苦しい絵になってしまいました。
可愛いのもいるし、醜いのもいるし、
どじょうがいるのにも後から気がつきました。

7:25goldfish400
sho3さんの掲示板にあったmasukoさんの写真からです。

色彩感覚について

喫茶室でわたしの「眠る猫」の絵に(Gustav)クリムさんが残してくれたコメントの中で、「マチスは色彩感覚だけは天分だからどうしようもない」と言ったとあるので、これは困ったと思いました。これ以上良くならないの?あまりにも残酷なお言葉。ふと行き当たった下記のブログのことを思い出しました。色彩に関してだけではなく、絵を描くこと全般について、(先生もしている)ある画家がブログに書いています。
http://sixtyminuteartist.blogspot.com/(すみません、英文です。)

ほとんど忘れてしまっているし、読んで特に絵が上手くなったとは感じませんが、色を選ぶ難しさの例として、美術館で好きな絵の複製を買って一カ所少しだけ色を変えて塗って見ると、大きく絵が変わってしまうという実験は納得です。

2008年2月22日の記事 Improve your Color Harmonyから
" . . . Next time you are at a museum buy a reproduction of a painting you like―and then mix a color that is just slightly off of one of the colors in the painting (it doesn’t even have to be that much off). Paint over the reproduction with the “slightly off” color and then stand back and look at the painting from a distance. I think you will see very quickly that even a slight change in color can have a big effect in the overall look and feeling of a painting. Color is strange in this way―you have to mix the right one out of the possibly millions of choices or you won’t get the effect you are after. I think this is one of the biggest hurdles to improving color in paintings―taking the time to find the right color―not the “close enough” color. Most artists are in a rush to paint. Thus, rather than finding the right solutions―they stop at something 'close'."

以前は、背景をたとえば緑にして上手く行かないと、緑はだめだから青にするというような絵の描き方をしていたのですが、最近はたぶん緑はあっているのだろうから少し違う緑で試すというように、少し描き方が変わってきました。

巨匠マチスの言葉に比較すると、ただの画家の意見ですし、絵の描き方の本をいろいろ読んだ方たちには発見は少ないかと思いますが、よろしかったら見てみてください。

アヒル

最近は完璧と言えるくらいの天気が続いているので、公園にサンドイッチとスナックなどを持ってピクニックです。アヒルが餌をもらえると思ってよって来るので、少しだけおすそわけ。数羽の子アヒルと泳いでいるアヒルもいましたが、これは1羽だけです。コヨーテか何かにやられたのでしょう。厳しいなー。でも水が気持ち良さそうでした。

7:20feeding_duck

7:20duck_family

ソフトボール・キャンプ

4日間のソフトボール・キャンプが終わりました。1日3時間だからたいした事ないんですけれど。キャンプになると急に毎年暑くなります.最後の日だけ少し涼しめでした。

7:16bunt1 7:16bunt2 7:17catch
7:17hit

写真1. これは3日目のバントの説明をコーチがしているところです。わが家の娘といえば、後ろに腕を突き出して体を支えながら横を見ています。

写真2. 娘にボールを投げている、足長の女性は大学生のアシスタントです。ご覧になっている中年の男性は、よだれはキーボードに良くないですから気をつけてください。

写真3. 最後の日は試合じゃなくゲームをしていました。全然ボールの近くではないのですが、努力だけは認めてやってください。

写真4. 今度は打つ側です。シャッターが間に合わなくて、みんながボールの行き先を追っているところです。





かき氷

喫茶ギャラリー出品の作品です。ふたばさん、写真提供ありがとうございます。似てないけれども、素朴さが気に入っています。AppleWorksで描きました。

7:17boy550

ミニチュアホース

娘は先月おばあちゃんのフィラデルフィアの家を訪れたとき、ミニチュアホースの牧場に連れて行ってもらいました。写真のはまだ子馬だそうですが、大きくなっても大型の犬くらいにしか成長しません。ポニーとは違う種類だと思います。

7:16mini_horse

ラベンダー

2年前にも同じような写真を載せたと思いますが、わが家のラベンダーが花盛りです。地中海の原産じゃなかったかと思いますが、シアトルの寒い雨がちの天気にも負けず近所でも良く見かけます。

もう随分前に、日本ではアジサイの花が咲いていると皆さんのブログにありましたが、こちらではやっと咲き出しました。

7:18lavender500

ちょうど1年前でした

ちょうど1年前でした、この雲を見たのは。猫と美女が見えるでしょうか。

昔の写真をiPhotoに入れたままにしているので、先日5,000枚以上になってしまって、少しずつ消したりファイルに保存したりしているところです。

7:14:clouds_cat_woman

WDE 眠り猫

久しぶりの猫です。WDE(カテゴリー参照)の今週の課題写真は特に良いので、何か描く題材をお捜しの方はぜひご覧ください。

1時間くらいで描いて、後見るといろいろ直したい所もありますが、まずは載せてしまいます。ソファーの上にブランケットがあまり良い色になりませんでした。

7:11cat_sofa
acrylic on canvas 10" x 8"

A bigger Splash から

5月27日にデヴィッド・ホックニーの映画、A bigger Splash (1967)のことを書きましたが、今日やっと映画を観ました。

寝不足と高気温が手伝って、このとりとめのない映画を見るのは大変でした。何回もうとうとしながら、ときどき巻き戻しもしながら観る間、ちらっとスケッチもしました。

ホックニーの描いた絵に登場する人物がたくさん出て来るので、同じ人物を自分なりに描きたい方にはお勧めです。

愛人だったピーターも頻繁に登場し、プールで裸で潜水している姿はホックニーの絵そのままです。描きたかったのですが、うつらうつらしながらソファーの上で描くには、難しすぎる題材なので諦めました。

これは登場人物の画家友だちで、ホックニーはパトリックと呼んでいたと思います。この時は少し目が覚めていたんです。

7:9patrick
70年代の幅広の襟と大きな模様がたまらない。

夏野菜

第22回喫茶ギャラリーの n o r i さんの提出された課題写真から描きました。背景が一色でないのは、モネの影響でしょうか、ふたばさんの影響でしょうか。

7:5basket

あられ

あられが激しく降りました。

7:3:08hail

7:3:08hail2

Kazumi

Art Blog by:Kazumi

Etsyというサイトで絵を売っています。
ご質問は日本語でどうぞ。

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。