今回はちょっとやり過ぎ

整え過ぎてしまいました。えっ、色のことだと思った?

1:30orangepinkcat.jpg

雪とうさぎ

朝起きてみたら、夜の間に降った雪の上にうさぎの足跡が。鹿は何回も見たことがあるし、コヨーテも見た人がいるのだけれど、うさぎの話は聞いたことがない。

1:28bunny1.jpg


最初右に行って家のそばまで来て、後でもと来た方向に帰って行ったようです。

1:28bunny2.jpg


午後からは、積もらなかったものの、また雪がかなり降りました。

1:28snow2F.jpg





猫と縞

スタルカさんちのブログ、1月25日の写真から。これは九十九ちゃん。

いつものごとく、古い絵の上に描きました。スキャンしたので実際より下の絵が見えています。見る人によって、好き嫌いが出そうです。

1:27stripecat.jpg
acrylic on canvas 10" x 8" sold

大きな雪

夕方、大きな雪が降りました。こんな大きなのは初めて見ました。写真はボケていますが1つの雪です。後で娘の手に物差しを当ててみると、長い辺は5.5cmくらいあったようです。

1:26bigsnow.jpg

WDE 1月25日 雪景色

これは今週のWDEの課題写真から描きました。陰の青が少しきつ過ぎたでしょうか。(雪の上の陰と道の上の陰が、うまく合ってない所があるのに写真を撮ってから気がつきました。)

1:25snow1:25wde.jpg
acrylic on canvas 14" x 11"

ピカピカの靴

イギリスで制作されたテレビ番組、名探偵ポワロのDVDを見ていてこんな場面に遭遇。どういうわけか気に入って絵にしました。昔の話ですから旅行はもちろん汽車、降りてから荷物をポーターに運んでもらう所です。

プラットホームのひび割れが面白い線を作っています。スーツケースはワニ皮、服は今で言えば正装、ピカピカの靴をはいています。ピカピカの黒い靴なんて最近見たことがないので、目が止まったのかも知れません。わたしの絵では上手く表現できていませんが、ズボンの長さが完璧で、靴の上に心地よく垂れています。

1:25suitcase.jpg
acrylic on canvas 10" x 8"

Empire Falls と「ポロック 2人だけのアトリエ」

Empire Falls(2005)というHBO制作の映画を見ました。エド・ハリスが主人公でレストランの経営者です。出演しているのは、オスカー受賞者だけ並べてもこんな感じです。残念ながら日本版DVDは出ていないようです。(不思議)

Ed Harris (オスカー候補4回だから受賞とほとんど同じ?)
Philip Seymour Hoffman
Helen Hunt
Paul Newman
Joanne Woodward
Estelle Parsons

エド・ハリスは「ポロック 2人だけのアトリエ」でジャクソン・ポロック(昔はポラックじゃなかったですか?)を主演/監督/制作してオスカー候補になっています。DVDにエド・ハリスの解説が付いているので、絵の好きな方には特にお勧めです。

ポロック 2人だけのアトリエポロック 2人だけのアトリエ
(2008/01/23)
エイミー・マディガン、エド・ハリス 他

商品詳細を見る

夕焼け 5:40pm

寒い日が続いています。が、晴れているので夕焼けが見れます。

1:22sunset4h50m.jpg

スキー

マーティン・ルーサー・キング氏のお祝いで学校が休みなので、主人が娘とお友達をスキーに連れて行きました。

スキー場の近くに、大きいタイヤを借りて滑る場所があって、何回か行ったことがあるのですが、スキー場は行ったことがなくて、写真を見て驚きました。間近に山もあって、なかなか奇麗な所です。まだ確認していませんが、グリーンのジャケットが娘で、ブルーのジャケットがお友だちだと思います。

1:21skilift.jpg


2人とも、スキー倶楽部に入っていて、1月11日から毎週金曜日、学校が終わってからバスに乗ってスキーに行っています。6回しかないので、どのくらい上達するでしょうか。

娘の素描

喫茶ギャラリーの課題として、娘の写真を提出したら、皆さん素敵な絵を描いて下さいました。かなり遅くなってしまったのですが、わたしも何とか提出です。どの部分を描いても難しくて、皆さんの苦労がわかるので、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

1:20woods.jpg

ぬり絵

喫茶室の喫茶ギャラリーに、celloさんが提出されたイラストに色をつけました。もとになったのは、娘がまだ小さい時の写真です。celloさんのオリジナル作品は、celloさんのブログの1月8日、celloさんの着色画は11日にあります。

主人と娘がキッチンでぬり絵をしています。主人は顔を隠しているのではなくて、真剣に悩んでいるようです。パチパチ写真を撮っていたら、娘は顔をそむけてしまいました。

1-18coloring450.jpg

左側が娘で右側が主人の作品です。娘の色鉛筆の作品は、Celloさんの深みのある彩色とは比較になりませんが、同じように森の妖精みたいな感覚で出来上がりました。色を塗りながら「my hair」「my dress」とか言って、すっかり自分のつもりになっていました。(笑)

主人は、蛍光ペンって言うんですか(それも10色しかないセット)を使っているので、本当は闇の中でも見えそうな色です。スキャンしたら色が薄くなって、ずいぶんまともに見えますが、背景のピンクとオレンジは、特に凄まじい色です。

1:18color_h500.jpg 1:18color_p500.jpg

主人は娘が小さいとき一緒に塗り絵をして、娘がとっくに飽きてしまっても熱心に一人で塗り絵をしていました。これも何日もかけて少しずつ仕上げました。

Celloさん、ありがとうございます。家族みんなで楽しめました。(^_^)

七ちゃん

スタルカさんちの猫、七ちゃんを描きました。

1:14sutaruka1.jpg
acrylic on canvas 11" x 14"

漁港

只今、喫茶室では課題写真から描く第16回喫茶ギャラリーを開催中。皆さんの力作をご覧ください。

kitaさんが提出した課題写真「南房の漁港」から。30分くらいで描けたと思って少し直していたら、1時間以上たった後にも水平線は汚くなるし、ちっとも良くなりませんでした。(涙)

7.jpg
acrylic on paper 29cm x 22cm

曇りのサンタフェ

では旅行先の写真から1枚。車の中から撮った写真です。ニューメキシコ州では珍しくない風景でしょうか。

遠くの山が青く写っているのは木におおわれているせいではなく遠くにあるからで、本当は茶色っぽい山です。

道路には氷で滑らないように、赤茶色の土(溶岩を砕いたように見えますが何でしょう)を撒いてあります。

1:9cloudy550.jpg
acrylic on canvas 14" x 11"

ニューメキシコ 4 / スキー

サンタフェのスキー場に行きました。どこのスキー場も似たような物ですが、ここはベースで海抜3,000メートルです。右手に2人用のリフトがあります。たくさんリフトはあるのですが、初心者用はここだけという事で長い列ができていました。

12:31ski2.jpg

海抜のせいか異常な寒さのせいか知りませんが、普段から息切れしやすく病院に行っているくらいなので、車を降りた所からスキーを借りる所まで歩いただけで息ができなくなり、スキーするのは断念しました。(涙)

12:31ski3.jpg

娘1人だけで滑らせるのは可愛そうなので、リフトのあたりで凍えながら見ていたら、転んで起き上がれない大人1人と子供2人、計3人を助ける事になりました。

助けると言っても、「スキーをハの字にして!」と言おうとして、通じないのに思い当たり、「プルークボーゲン」とは英語で言わないのも思い出しました。

ブーツでスキーを踏みつけて止めながら、「そっちのスキーをこっちに向けて」なんて歯がゆい言い方しかできません。が、みんな感謝の眼差しとともに「Thanks you!」と言ってくれました。

12:31ski1.jpg 12:31pass.jpg

ニューメキシコ 3 / 乗馬

ブロークン・サドル・ライディング・カンパニーという所で主人と娘は馬に乗りました。 わたしは足手まといになるので、主人のお父さんと後に残って、周辺をスケッチしました。
http://www.brokensaddle.com/

ここが特殊なのは、テネシー・ウォーカー (Tennessee Walker) とミズーリ・フォックス・トロッター (Missouri Fox Trotter)という、特別な歩き方をするように訓練された馬に乗れるということです。上下の揺れが少ないので、経験がなくても楽に乗れます。娘は親戚の家の近くでも馬に乗れる場所があったのですが、ここでなければ乗らないと言うので、去年に引き続きまた行きました。

検索していて、経営者のインタビューを見つけました。ビジネスを始めたきっかけや上記の馬について説明してあります。日本人のお客さんもあったとあります。
http://www.uni-tuebingen.de/elisa/html/horse_riding_us.html (英文)

うまやは道の反対側にあるので、これは事務所と言えるでしょうか。

12:30brokensaddle.jpg


去年は経営者のハロルドがガイドだったのですが、今回は新米のオーストラリア人です。膝下まで来る長いコートと赤いスカーフで、映画の中に出てきそうです。ラッセル・クロウの従兄弟という感じ。実際、脚本を書いているそうで、地方の歴史を勉強中。アメリカ人は歴史を知らないと言って嘆いていたそうです。

12:30horses2.jpg


ガイドを先頭に旅立って行きました。2時間でしたが1時間のコースもあります。

12:30trail.jpg


一番右側の丘(山)の上まで行ったので、360度の見晴らしだったそうです。

12:30bumps.jpg


寒くて車の中で描いたスケッチです。

12:30drawing.jpg

ニューメキシコ 2 / そり

スキーに行くつもりが車が渋滞していたので、急きょ引き返して山の中腹にあるそり場へ。娘はまず主人をモルモット代わりに先に滑らしました。写真では見えにくい凸凹雪の凸で跳ね飛ばされて主人はお尻に紫色のアザができました。

12:28sledding1.jpg

わたしはそれを見てすぐ諦めたのですが、娘はこれなら自分の方が上手くできると考えるタイプです。が、やっぱり凸凹で苦労しました。

12:28sledding3.jpg 12:28sledding4.jpg

ニューメキシコ 1 / 道に迷ったクリスマス

旅行中の出来事を少し . . . 。

親戚の家へ行くのに道に迷ってしまって、雪はどんどん降ってくるし、携帯電話のバッテリーも弱くなってきて、もしかして車の中で一夜を明かす事になるかと心配。

主人が電話している間、娘が雪を見に車の外に出たところを撮りました。止まった所が、偶然にも車両進入禁止の標識が2つもあって、暗い状況を良く表してるでしょ~。

1:3lost500.jpg

結局、ぜんぜん違う場所にいたのを発見。親戚の指示に従って運転して家に着きました。即クリスマスプレゼントを開けて、娘はウェーブ (Wave) をもらって大喜び。この新築の家は床がコンクリートで出来ているので、居間と台所を練習に使わせてもらいました。

1:3wave400.jpg


これは新しいタイプのスケートボードで、前後にウィールが1つずつ付いているだけです。従来のスケートボードを4輪車とするとこれは自転車です。前後の部分はパイプでつないであって独自に動くので、後ろ足で船頭さんのように後ろのボードの部分をこいで前進します。説明するのが難しいけれど、乗るのはもっと難しい!

明けましておめでとうございます

ニューメキシコの写真で、新年のご挨拶をさせていただきます。元旦に、ニューメキシコから帰ってきました。

あちらは珍しい寒さで、天気は良かったのですが寒いなんのって . . . 。シアトルに帰って来たのが夜の7時くらいとはいえ、風がぬるくて春のようでした。

1:2newyear700.jpg

Kazumi

Art Blog by:Kazumi

Etsyというサイトで絵を売っています。
ご質問は日本語でどうぞ。

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カウンター